健全な食生活を育む

食品添加物とは何?あらめて知りたい人へ

働くママさん
働くママさん

・食品添加物って聞くけどなんのこと?

・身体に悪いのか知りたい

・食品添加物を使っていない商品を教えて欲しい

この記事ではこんな疑問に答えていきます。

・食品添加物とは?

・食品添加物の安全性について

・食品添加物が使われていない商品

僕は、これから離乳食を食べ始める子どもがいるので食品添加物について丸一日徹底的に調べました。

子育てをしている方と同じ目線にたって書いていきます。

食品添加物とは?

その名のとおり、食品製造の際に添加するもの。

・小麦粉から麺を作る時にくわえるかんすい

・食品の見た目や色合いを良くするための甘味料、着色料

・食品の腐敗、変質を遅らせる保存料や酸化防止剤

これらが食品添加物といわれるのものの一部です。

食品添加物は規制されているの?

食品添加物は、食品衛生法という法律で定義されています。

・指定されたもの以外の添加物の販売、製造、輸入、使用などの禁止

・添加物の基準、規格の制定

・食品や食品添加物に関する表示の基準の制定

このようなことが食品衛生法によって定めされています。

そのため、食品衛生法で決められた食品添加物しか使うことができません。

食品添加物をなぜ使うのか

以下の理由から使われてます。

・食品を作る時に泡立ちや型離れをよくする

・食品の形を作ったり、食感を持たせる

・見た目の色を良くして美味しく見せる

・味と香りを良くする

・食品の栄養成分を補う

・食品の腐敗や酸化を防ぐ

コンビニやスーパーで買い物した時の食品をみると食品添加物が書かれていることはかなり多い。

特に駄菓子なんかはたくさん書かれていますね。

それだけ食品添加物は、僕たちの日常にかなり密接しているものなのです。

食品添加物の安全性について

「がん」の原因になる、毒性があると言われたりしますが、食品添加物が「その原因」としているデータは出ていません。

毎日、口にする機会が多い食品添加物ですから、一生のあいだ食べ続けても、害がないものでなければなりません。

 

実際に安全かどうかを確認するため安全性試験が行われており、

食べ物に使うことのできる添加物の量は、ラットやマウスなどの動物実験で、

食品安全委員会や国際的な機関が 無害と確かめた量(無毒性量)の通常1/100の量を、

毎日食べつづけても安全な量(1日摂取許容量)としています。

さらに、この量よりずっと少なくなるように法律で使用基準がきめられています。

 

ただし気をつけたいことは糖質、脂質、塩分が過多になること。

食品添加物は「味」に影響を与えるもの。

そのため、知らないうちに「糖質、脂質、塩分」のとり過ぎになることがあります。

 

例えば、カップ麺。

カップ麺一つで塩分は約5gあります。

厚生労働省が出している日本人の食事摂取基準では食塩相当量の目標量を男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満と定めています。

目標量と比べるとカップ麺一つで1日の半分以上をとってしまうことに。

 

手軽に食べれるのでついつい疲れている時はカップ麺に頼ってしまいますが注意しないと塩分の取りすぎになってしまいます。

お子さんも同じなので、カップ麺の食べ過ぎには注意。

毎日食べ続けたりせずにほどほどにしましょう。

食品添加物が使われていない商品

安全とはいわれていても、やっぱり食品添加物に不安がある方もいらっしゃいますよね。

無添加食品を扱っているスーパーで買い物をすれば食品添加物が使われていない商品を購入できます。

でも、自宅の近くにあるとは限りません。

 

そこでおすすめなのが、パルシステムの食材宅配。

パルシステムで使われている食品添加物は、厚生労働省が認可した約1,500物質のうち約400物質ほど。

これは、添加物に頼りすぎない商品作りを進めているため。

そのほかにも放射能や農薬などに関しても品質管理を徹底しているので安心して食べることができますよ。

しかも、自宅にいながら注文でき、家の玄関まで届けてくれます。

【パルシステム】徹底した品質管理の食品は「大人・子ども」も安心「赤ちゃんに食べさせられる安全な食品はあるの?」「食品はどのくらい安全性を検査しているの?」「安全な食品はどのくらい子どもの発育につながるの?」こんなお悩みをお持ちのママさんには、パルシステムがおすすめ。パルシステムを利用すれば安心・安全な食品を購入することができます。独自の品質管理をしており、食品添加物、微生物基準、国よりも基準の厳しい放射能検査など徹底した管理のもと食品を提供しています。この記事では、パルシステムの食品の安全性と安全な食品が子どもの発育にどのように影響するかを紹介していきます。...

僕の家でも利用していまして、安心して食べることができる食品を自宅まで届けてくれるのはとっても便利です。

雨が降っていても関係ないですし、子どもの世話をしながら注文できるのですごく楽チン。

プリン、ホットケーキ、ヨーグルトなど子どもが好きなおやつもできる限り食品添加物を使わない商品作りをしているので安心ですよ。

まずは、お試しセットがあるので、こちらから始めるのがおすすめです。

\今なら2,000円相当が送料無料で1,000円で/

食品添加物のまとめ

食品添加物に関してまとめていきますね。

・見た目、味、保存性を良くする

・安全性試験により安全といわれている

・パルシステムを利用すると手軽に安全な食品を口にできる

食品添加物は毎日の食生活になくてはならないものです。

食は身体を作る源。

だからこそ、食べるものには気をつけたいところ。

特に子どもは健康な成長にも関わるので特に注意したいですね。

食品添加物に対して正しい知識をつけて、毎日の食生活を送りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です